欠乏感

Posted by 東山弘明(KOUMEI) on   0 comments   0 trackback


imagesXI6LXP2S.jpg

 
人類のもつ歪、その正体は恐れから生まれる罪悪感と欠乏感です。

罪悪感は依然ブログに書きましたが、

欠乏感とは足りない、うばわれる、失うことへの思い込みで、だれもが持ち合わせています。

ほんの一握りの人達が世界の財を独り占めにしている。

いつまでたってもいい仕事にめぐまれず安い給料で働かされている。

保護を受けながら被害者であることを主張する人々。

収益重視の企業のエゴ、地位や権力を守ろうとあらゆる抵抗をする人々。

このような欠乏の集合意識の投影が現実となって

地域紛争、テロ、国家間のイデオロギーの対立、移民、人種差別、犯罪、宗教の対立、格差、貧困

とあらゆる人類社会の問題の根となっています。

人生でスピリチュアルを取り入れている人たちでさえ

まだ自分には力が足りない。もっと神秘的な力があれば人の役に立てるのに・・・・・・・

無意識のうちに欠乏意識となっている人たちを見受けます。

実はけっこうこういう人が多いのです。

欠乏感は人間の意識に住み着いた人間だけがもつもので思考と感情を支配します。

意識の中に入り込んだ電磁ウィルスのようなものです。


 ☆ では欠乏感を手放すにはどうしたらいいのでしょうか。

自分自身に静かに問いかけてください。

私の欠乏感はどこからきているのか、その正体とは ・・・・・・ 深く感じてください。

私自身がおこなっている方法ですが

一週間、欠乏感の感染ルートから自分自身を隔離します。

テレビのスイッチを切り、新聞や雑誌を見ず、ネットなどで悪い情報を入れないようにします。

人間関係で批判、不平、不満、怒りを持っている人からそっと距離をおきます。

以前ブログでお伝えした。

「ゆるしと光と今」の浄化のシステムを使います。

この間はあなたがやりたいと思っていることにできるだけ集中してください。

純粋な祈り、瞑想、真言、マントラ、アファメーションは錆びついた意識と思考と感情のコードに

光を当て綺麗にする力があります。

しばらくするといろいろと気づくことがあります。

まず現象の世界が人間世界のすべての欠乏感を写していたことに気づきます。

でも欠乏感の情報ソースに興味を持ちスイッチを入れていたのはあなた自身であることもわかります。

この過程はほとんど無意識でおこなっていてかなり洗脳された状態になっつています。

さらに欠乏感の本質は自分自身の潜在意識に組み込まれた思いが信念となって映し出されている

という真実と向き合うことになります。

欠乏感の強さによって必ず自分の周りで人生の問題が生じます。

でもほとんどの人が現象面を見ているので基本的には問題は解決しません。

自分自身の欠乏感が問題なのです。

☆ あなたの欠乏感を満たすものをあなた自身で見つけてください。

ここでもまだ間違えるのは、欠乏感を満たすものを現象面に求めてしまうことです。

いい人と出会いたい、一流大学一流企業に入りたい、もっとお金と地位がほしい、~

これこそが自身の心に住み着いた欲という欠乏感の正体です。

欠乏感を満たすものとは、あなたの人生を満たす心の状態です。

それは純粋な愛、幸福感、豊かさ、喜び感謝を感じられる心の状態です。

そしてそれを持てるのは今という時間と正しい意識の状態です。

意識の状態の説明は長くなっつてしまうので少しづつお伝えしていきます。

正しい心と意識の状態、そしてその使い方ができるのは自分自身なのです。

欠乏感のない「今」に静かに意識をむけてください。



最後に心の豊かさが繁栄された世界においては欠乏感は存在できないことを理解してください。





人気ブログランキングにトライしています。
下のクリックをよろしくお願いします。

スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村













































Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://vibrant528.jp/tb.php/460-fd0bbe8b