太陽神経叢と潜在意識

Posted by 東山弘明(KOUMEI) on   2 comments   0 trackback

     
                    tumblr_n5erptt0je1relaado1_r1_400-1.gif
                  

 今日は太陽神経叢(ソーラブレクサスチャクラ)と潜在意識の浄化の瞑想法の質問をうけましたのでお答えします。


腹式深呼吸によって第三チャクラ(ソーラープレクサス・チャクラ)に光を感じ、その場に意識をむけていきます。

光を意識することで光は波動から光子さらに色をともないパワーとなります。

ただそのプロセスをイメージし感じてください。

意識した呼吸には私たちの創造を超えた「氣」「プラナー」「オルゴエネルギー」「フリ―エネルギー」「ユニバーサルエネルギー」

などのエネルギー源に変換することができます。

純粋な意識は光子と同レベルの素粒子の場に共鳴します。

太陽神経叢の場には普段私たちが意識をしない臓器である膵臓、脾臓、盲腸などが存在し

これらの臓器は宇宙意識と深くつながっていて特に脾臓の場は潜在意識とつながっています。

とても大切な機能であることに理解をし感謝の気持ちをもってください。


「潜在意識」は膵臓の中にあります。正確には宇宙語でFIKと言い、過去のあらゆる記憶を保存し情報をコントロールしています。




潜在意識とは自律神経とも深く関係しています。

自律神経は自動的な働きをし肉体的には免疫力とホルモンのバランスをコントロールし

思考や感情に影響力を持ちます。

太陽神経叢を癒やし、活性化すれば潜在意識がスムーズに動き出します。

しかし以前にもお伝えしたように、潜在意識には良いことも悪いことも

データーとして記憶されていてあなたの「信念」にそって現実に映し出されるという働きがあります。

ありあまる情報のなかで、私たちは必要のない概念、囚われた考え、ネガテイブな出来事で

潜在意識がデーター過多になってしまっています。

無意識のうちに刷り込まれた必要のないデーターが信念となっているのが今の世界の現状です。



images (2)


普段自分自身が認識している顕在意識と直感や想像力、イメージの区別がつかなくなっています。

この状態だと波動の重いマイナス思考とネガティブな感情のとりこになってしまっています。

太陽神経叢の浄化は重くなったパソコンのクリー二ングのような感覚で行うとよいでしょう。

あなたを思い悩ませてきた考え方、恐れ、不安からくる怒りや悲しみ、執着に対して。

最初にお伝えしたように呼吸と光そして今という絶対的な時間軸に意識を向け。

太陽神経叢の場が光で満たされ、穏やかで落ち着いた本来の気持ちがもどることを

ただ感じてください。

パソコン内のクリー二ングはとても複雑な作業ですが

あなたが何もしなくても自動的にクリー二ングは行われていくように

太陽神経叢と潜在意識のクリ二ーングも同じように自動的に行われていきます。

第一ステップとして思考と感情で自由と楽な感覚を取り戻してください。

そして臨場感のある明るいセルフイメージをいつも意識してください。

~がないから幸せになれない。~があれば幸せになれる。~どうか幸せにしてください。

このような古い概念を消去し

今幸せを感じることができるから幸せになれる・・・・・・・・

この基本データを光に変換して力強く潜在意識に入力してください。

   今私は幸せを感じる  それがあなたのパワーの源です。







人気ブログランキングにトライしています。
下のクリックをよろしくお願いします。

スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村




Comment

O.T says..."東山先生"


お世話になっております。

ブログの「太陽神経叢と潜在意識」を拝読いたしました。
早速に質問にお答えいただき、ありがとうございます。

セッションで先生のお話しをお伺いながら、実際にやってみたにもかかわらず、
ピンときていないくらい、意識と体がバラバラだったのかなと思いました。

それに内臓と意識の関係は、むしろ昔の人の方がわかっていたのかもしれないと
改めて思いました。

これからも、よろしくお願いいたします。
2017.01.31 01:41 | URL | #- [edit]
Sto says..."なっとく。"
☆物質も精紳も元は同じというメッセージでいろいろな事が納得でき

少し目が覚めることができました。

いつも貴重なブログでのコメントに感謝いたします。
2017.01.31 01:37 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://vibrant528.jp/tb.php/459-81b2340d