ブロック外し

Posted by 東山弘明(KOUMEI) on   0 comments   0 trackback

bellbara77.jpg


スピリチュアルカウンセリングを行ってきて思うことは

本質的には素晴らしい精神性をもっていながら

そのことに気づいていなかったり隠している人達がほとんどだということです。

これからはあくまでも私の感じていることですが参考になればと思います。

人間は肉体と精神性の両面をもった存在です。

本来人間の本質は精神性がべースとなっています。

しかし一例として悟り人であり神の使者でもあったイエスキリストの十字架による処刑は

人類の精神性に深い傷と闇をつくることになりました。

この話はキリスト教の布教活動により世界中に拡散されていきました。

その後も精神性の高い人物達の多くが迫害されてきました。

長きにわてり人間でありながら精神性を忘れ物欲の世界の力に支配されてきました。

宗教は一部を除きその力に利用されてきました。

人生は苦難なもの、人は罪深い物、悟りを開くには厳しい修行が必要である

神と人間の分離、・・・・・・・

この現実は今でも同じです。

ノルマ重視の会社で心のあり方や人間性をとけば白い目で見られ職を失うことになります。

大切な家族や生活を守るためには現実では宇宙の真理は必要ないのです。

多くの人が現実に適応するため無意識に精神性にふたをし殻に閉じこもることに決めました。

しかしここ数年間で量子力学の目覚まし進歩により今まで相いれなかった世界観である

精神と科学の世界の探求する場が同じものであることが理解されるようになってきました。

精神と量子の世界の共通点はこの宇宙の本質であり、あらゆる可能性の場であり

自由で、エネルギーで、強大なパワー、神的、奇跡、多次元性、悟り、高い意識などなど

どちらの世界も私たちの創造をはるかに超えた世界観が広がっていきます。


私たちが外の世界に対して無意識の中にある恐れと罪悪感・・・・・・・・・

これこそが真の精神世界に対してのふたであり殻なのです。

外の世界が恐れと罪悪感である時、本当に人々は無抵抗で弱い存在になります。


 ☆ 内的環境を高め真のパワーと喜びという栄養

では精神世界との壁はどこにあるか

あなたの内面に聞いてみてください。

思い、感情、行動、皮膚感覚、筋肉反応、器官、細胞、DNA、さらには原子核まで・・・・・・


どこにありますか・・・・・・・・・

答えはどこにでもありまたどこにも見つける事はできませい。

私たちの現実という現象の世界から見たら壁はあらゆるところに存在します。

でも違う視点悟りの世界から見れば壁などどこにも存在しません。

見る感じる、捉える、認識する始点をひっくり返すだけのことです。

この実にシンプルなことを複雑怪奇なことにして分からないようにしてきたことが大きな間違いでした。

精神的ブロックなどというものは外の世界から見た間違った概念

本来私たちの意識は神の場にあり一体であり悟った存在なのです。

間違って創造された現象という現実世界からは悟りの世界を認識することができません。

神の場、悟り人の視点から見て、聞いて、捉えて、触れて、感じて、考えて話して行動してください。

そして真、善、美を光という大いなるエネルギーに変換しあなたの内面が自然と喜びが感じられるように

自分との内的時間を楽しんでください。

 
 ☆ 10月は何かと古いエネルギーをもった人達が自分たちの世界を守るために

    いろいろな企てをす儀式の月でもあります。

    そのエネルギーもかなり弱くなってきています。


     一人一人の覚醒、それにともなう意識により新しい世界が生まれていきます。

  
  視点を変える・・・・あなたの意識が世界を変えていくパワーであることに気づいてください。


  ★ aham brahmasmi アハム・ブラフマスミ (スートラ)

  わたしの中心は究極の現実であり、宇宙の根源と土台、生きとし生けるすべての源です。
  
  宇宙全体の計画が、あなたの内面で徐々に明らかになっています。

  あなたは宇宙全体を映し出す光です。

  あなたは永遠で不滅で絶対的な存在です。
   
 
 ☆彡 アハム・ブラフマスミ   ・・・・・  宇宙言語であり真言であり波動であり光です。

          
                唱えてみてください。



人気ブログランキングにトライしています。
下のクリックをよろしくお願いします。

スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村





























Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://vibrant528.jp/tb.php/431-1cc25676