真の目覚めとは

Posted by 東山弘明(KOUMEI) on   0 comments   0 trackback

許しのプロセスを続けていく事により、私達は分離された世界から解放されていきます。

現実的世界、つまり私達の4次元とは、陰陽の世界に時間と空間が存在し、この次元では<カルマ>と言われる問題が、常に現象化されています。

前回もお伝えしたように、この世界ではあらゆる物や出来事が分離された状況に映し出されているために、問題は絶える事がなく、特に神との分離のために、私達は<真に目覚めること>が出来ず、聖書のアダムとイブの話や、仏教の四苦八苦の教え、罪の意識を持ち、輪廻から生じる罪悪感により現実を苦しみの世界と捉えてきました。

この<罪悪感からの開放>が真の目覚めとなります。

罪悪感からの開放とは<真実に気付くこと>と、分離された世界観から分離の前の世界観である<神との一体感>に戻ることです。

<神との一体感>で言うと、皮肉にも神と私達との間にある「宗教」がそれを見えないものにしてしまっています。

ただ、神と一体になれば良いだけなのです!

よく言う言葉 : 「頭では分かっているのだけど。。。」

これは<エゴ>が真のスピリチュアルに対して最もよく使う言葉です。

よく分かろうとしないということです。

でも許しのプロセスを続けていくと、段々と私の言っていることが理解できるようになります。

それは<許しのレベル>によって生じるものです。

<この宇宙全てが、心の投影である。。。>

この真の思考回路が戻ってくる事により、私達は<真の目覚め>を体験することになります。

天動説的思考回路から地動説的思考回路へ ~  実はこれも正しくありません。

こういう考え方こそが<分離をもたらす考え方>である事に気付いて下さい。


宇宙は<私達の心を映すスクリーン>で、私達の認識できる範囲で事が起こり、拡大しているように見えます。

私達の創造が<宇宙そのもの>なのです。


最後に<夢と現実> ・ ・ ・ これも分離した考え方です。

心の世界から捉えたら同じものです。

夢に捉われたりすることがないのと同じで、現実世界においても捉われる必要はありません。

心の世界から見たら、全てが夢の中なのです。


許しのプロセス、分離からの開放により、私達はこの4次元世界を通し<真の目覚め>を体験することになります。


いつもありがとうございます。
人気ブログランキングにトライしています。
下のクリックをよろしくお願いします。

スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村




―クォンタム ヒーリング―

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://vibrant528.jp/tb.php/410-e746b677