スピリチュアルなパラダイムシフトとは

Posted by 東山弘明(KOUMEI) on   0 comments   0 trackback

パラダイムシフトを調べると、その時代において当然の事と考えられていた認識や思想、社会全体の価値観などが、革命的に、もしくは劇的に変化する事であり、その実例として天動説から地動説への新パラダイム、日本でいうと明治維新や戦前、戦後などが例として挙げられています。


現在は量子力学、DNAの解明、さらに近年になって収穫加速という考え方から新たなる世界観のパラダイムシフトが加速されています。


でもよく考えてみると、人類が天動説と唱えている時、宇宙においては今と何も変わっていなく、戦前、戦後などという隔たりもなく存在していました。


人間がいかに宇宙に対して無知であるか、ただそれだけの事であり、別に新たな何かが生まれる訳ではありません。


現実世界に生きる人類が、宇宙の真理に近付いていくプロセスに他なりません。


でも面白いことに、パラダイムシフトが進むことにより、キリスト様の存在やお釈迦様の唱えていたことが<真実>であったことが認識され、科学的にも証明されてきたことです。


現実的な科学的な真理に近付けば近付くほど、精神的な真理である<神>や<空>の存在が見えるようになるということです。


量子 = 空 = 神 = 人間   そして全ては宇宙の真理です。


人間そのものが宇宙の真理であるなら、その壁を創っているものこそ「考え方」です。


人間が創った分厚い思考の雲により、宇宙の真理を見えないものにしているだけなのです。


過去、現在、未来という人間の集合意識に組み込まれた時間の概念、人々は息が詰まるほど身動きが取れなくなります。


さらには所有物、職業、地位、評価、血筋、学歴、ルックス、宗教の教え、国家、人種、などなど本来の自分ではありません。


実は、思考のほとんどはこのような状況の中で、感情と結びつき、思考の流れに逆らうことなく、それを自分自身と思い込まされてコントロールされているのが私達なのです。


スピリチュアルなパラダイムシフトとは、<本当の自分>になることです。


本当の自分とは、流される思考ではなく、今の思考に主体的な観察者となることです。


先ほどお伝えした<宇宙の真理と繋がる方程式>を、もう一度思い出して下さい。


そして、人間を分析します。


例えば ・ ・ ・


人間  = お釈迦様 = キリスト様 = 私   なのです。


さらに、この関係は、宇宙の真理である”魂”とのつながりです。


お釈迦様の悟り、キリスト様の愛を、”特別な人の力”という考え方を無くして下さい。


<変える>という考え方は誤解を招きます。


そもそもそういう考え方は無かったのだから、変える必要はありません。


スピリチュアルのパラダイムシフトとは、考え方を変えるのではな<そもそも存在しなかった>という”宇宙の真理”に目覚めるだけの事です。


悟り人として純粋な愛を持って生きる、宇宙の全ての真理とつながっていくのを感じて下さい。


それは、今、この瞬間<あなたの中心>にあります!



gretchen3.jpg


いつもありがとうございます。
人気ブログランキングにトライしています。
下のクリックをよろしくお願いします。

スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村






―クォンタム ヒーリング―


Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://vibrant528.jp/tb.php/403-1e7718b8