運を劇的に変える三つの法則と言葉と心

Posted by 東山弘明(KOUMEI) on   0 comments   0 trackback

「日本人は世界で一番幸せな環境にいます」

「人間は皆平等に生きています」


この言葉についてどう思われるでしょうか?


奈良の修験本山 役行者が開いた金剛山で、最も過酷と言われる
大峯山1000日回峰行業を達成させた「塩沼亮潤氏」が次のようにお話して下さいました。

日本ではほとんどの人が三度のごはんを食べられています。

人間には、空気と水と光が与えられています。

日常、いろいろな事に追われ、当たり前と思っている事に感謝の心を忘れてしまっている
自分自身がいます。

どうして私だけが・・・   なんであの人が・・・

このような考え方は暗の中の心の状態です。

氏は私達に、暗がりに光を入れる三つの方法と三つの言葉、心の在り方を教えてくれました。

<三つの方法>

忘れきる    捨てきる    許しきる   

 この切り換えにより全てを喜びに変えることができます。

<言葉と心>

ありがとうございます   すいません   はい  

はっきりと笑顔で心を込めトーンを上げて言葉に出します。



心の設定と言葉を今から実行に移してみて下さい。

今やるべき事をやり、 一歩づつ踏み出す事で、 必ず運は開かれていきます。

運とはそういうものです!


最後に、感情の心、反省の心、思いやりの心である 「和」の精神」を大切にしたいと思います!!



miroku.jpg




―クォンタム ヒーリング―





Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://vibrant528.jp/tb.php/383-fd39e9f9