般若心経    永遠の命とは   ~ 3

Posted by 東山弘明(KOUMEI) on   0 comments   0 trackback

般若心経の中で、<生(命)とは>に対する一般的な解釈です。

不生不滅 不垢不浄 不増不減

全ては幻で影のようなものです。
何かが生まれ、何かが滅びるということはありません。
これは良く、これは良くないということもありません。
これから良くなる、悪くなることもありません。

この訳は、今までこのお経の訳として、一般的な説明です。

何を言っているか理解できますか?

前回にお伝えしたように、「空」というものを、実体の無いものとして捉えていて、
真実を理解していないため、全体の解釈が全く見えてきません。

あくまでも、三次元的な私達の視点から見た、見解に過ぎません。

「空」とは、超実体であり、人間と宇宙の関係の本質である、
このことをベースにして見て下さい。



では、今回のテーマ「命」について、説明していきます。

このお経は、人間と宇宙の構造を説いたものです。

そして、視点は<観世音菩薩>から見た<真実の宇宙観>です。

不生不滅 ・ ・ ・

かなりインパクトのある一行です。

生まれることも無く、死することも無い ・ ・ ・
私達の世界観から見たら、全く理解できません。

でも、天から見た時、命というものが、常に存在している永遠のものであるなら、
生まれることも、死ぬことも無いという説明が成り立ちます。


不垢不浄  不増不減 ・ ・ ・

私達の世界のこだわり、概念ではない「宇宙の絶対的な真実、真理、法則」が
存在していることを意味しています。

ここでは「命」について、宇宙の絶対的法則に基づき、「永遠の命」「魂の進化を伴なう存在」を
意味しています。

人間には自分達で創った、様々な世界観や神、仏の姿、宗教の教えなどがあります。

それによって、多くの対立が生まれて来ました。

そうではなく、全てを超越した「宇宙の絶対的な法則がある」と問いています。

本当の真実、真理こそが「空」なのです。

前回お話したように、空=人間、空=自身の全てなのです。

宇宙の絶対的法則があるからこそ、今、私達は、命を持って存在しています。


少し、空、命、自分に対し、気付くことができましたか?

ここで一つ、質問をします。


あなたのふるさとは何処ですか?


少し考えてみて下さい ・ ・ ・


次回は「人生の役割」についてお話します。


スピリチュアル ブログランキングへ

FC2 Blog Ranking



―スピリチュアル ヒーリング―



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://vibrant528.jp/tb.php/352-da43a1d7