般若心経   空とは      ~2

Posted by 東山弘明(KOUMEI) on   0 comments   0 trackback

何事も鵜呑みにせず、疑問に思った事は、自身の力で調べ、探求することが大切です。

その事で、私達のテーマ「恐れ」から解放されていきます。


般若心経の教えとは、宇宙の根本と構造、宇宙と人間の関係を説かれたお経です。


大いなるテーマ<空>とは、そして真実とは・・・

今までのほとんどの解説では、空とは実体のないもの、幻と説明されてきました。

私自身、20代でこのお経に出会った時から、常に疑問に思っていた事です。

科学者であり、精神世界に鋭い視点を持った、岩根和郎氏が、
この謎を明確に説かれました。

氏の解説を参考にさせて頂き、今回は「空」とは何か?について説明していきます。

まずこのお経は、初めにあるように、
<観自在菩薩>がお釈迦様の元に降り、説かれたお経であり、
私達の世界観ではなく<天から私達の世界をを見た教えであること>を
理解する必要があります。

天の世界と現実の視点との違い、宇宙から見た価値観が暗号によって示されています。

「空」とは、古代文明の教えや学び、議論で決める事ではなく、
宗教や、人が関与するものではありません。

「空」とはこの世界を創造した源であり、時間、空間をも超越した「超実体」、
例えるなら「悟り」、絶対的な神の存在を意味します。


色即是空  空即是色

この一行に、人間の本質の全てが記されています。

例えば、「犬は動物である」と言います。
しかし、犬=動物は成り立ちません。
何故なら、動物=犬とはならないからです。

しかし、この一文の意味を知った時、全ての謎が、一瞬にして解けました。

「色」とは、人間の肉体、五感、意識、精神など全て、すなわち人間全体の事です。

何故、同じ事を、色と空の位置を変え、説いているのか?

そこに、深い意味があります。

ここでは、ズバリ、「色」=「空」であり、「空」=「色」であると強調して説かれています。

素晴らしいと思いませんか?

人間は、超実体、宇宙の本質、いわゆる「神」そのものだと説いています。

よく、私達の心の中に、神仏がいると言いますが、
私達は、神仏の一部ではなく、すべてが「空」との繫がりを持っている「存在」と
この一行は説かれています。

そんなことは信じられないと言うかもしれません。

あまりにも壮大なお経ゆえ、私の説明不足かもしれません。

そもそも「空」は、学問や宗教では知ることができないとも説かれています。


でも、もう少し、真実の探求を続けていきましょう。


次回は<命>について、お伝えしたいと思います。


  ・ ・ ・ お た の し み に ・ ・ ・


スピリチュアル ブログランキングへ

FC2 Blog Ranking

―スピリチュアル ヒーリング―

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://vibrant528.jp/tb.php/351-7dbdfd8b