早い一年でした

Posted by 東山弘明(KOUMEI) on   0 comments   0 trackback

我が家の自慢(世間では?)と言えば
一家4人がスピリチュアル大好きで、
この話題になると、会話が弾みます。

長女は、今年からブレスレット作りに目覚め、
1月まで予約で忙しそうです。

次女は、高校最後の年で、年末年始は巫女さんとして
活動しています。

一家に一台ではないけれど、一家にスピリチュアルがあることで、
自然とうまくつながっています。


今年は何かと大変な年でした。

大変とは大変化のことです。

今年が人生で一番苦しいという人が、カウンセリングを通じ
一番多かったです。

日本に於いても、3・11の震災は、大きなインパクトがありました。

「天災は忘れた頃にやってくる」の格言の如く、人々が神への祈りを
忘れた頃に、その事に気付かさられる為、天災を招くと言われています。

その後、人々の意識は大きく変わっていきます。

そして、祈りの光が広がっていきます。

世界も大きく動いています。
様々な天災、ヨーロッパ通貨危機、独裁者の死と
全てがアセンションの流れ、それに伴なう意識の変化が
加速されていきます。

来年に向け、更なる心の準備をしましょう。

何故、まだこんな事を言うかと言うと、
日本にとって本当の試練の年となるでしょう。

色々な事が表面化し、悪しき事が浄化されていきます。

静かな心は一見弱く見えますが、何事にも動じない心こそ
真実を見極める一番強い心の状態です。

私達一人一人が、スピリチュアルやアセンションの真実を見る力を
持たなければなりません。

逆に言えば、自己の進化の大チャンスの時となります。

日本に生まれ育った意味を、一人一人が魂のレベルで感じ取って
いかなければなりません。

私達はこの日の為に、この大地に降りてきたことを再認識することです。


放射能汚染、多くの社会問題を抱え、不平不満で生きるのか?

美しい景色、新鮮な食材、優しい人々の中で、感謝をしながら生きるのか?

この選択は自由です。

しかし、アセンションに於いては第三の選択、
「神国日本として、神と共にある」という生き方をする事ができます。


この暗闇の日本に光を降ろせるのは、あなた達一人一人です。

暗闇こそ、真実の光を輝かし、伝えることのできる土台でもあります。

日本にも数多くいるライトワーカー達、
そして、それを取り囲む人々の祈りが、黄金の国の再生へと繫がっていくことでしょう。

images.jpg

FC2 Blog Ranking
―スピリチュアル ヒーリング―

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://vibrant528.jp/tb.php/218-d04ca459