導き      シンクロディスティニー

Posted by 東山弘明(KOUMEI) on   0 comments   0 trackback

11月半ば、下の娘(高校2年)が珍しく私に
「冬休みアルバイトをしてみたいので、何をしたら良いかカード(タロット)で
見てほしい」と頼んで来ました。

彼女の思い当たる事、郵便局、ショップ店員、マックなど次々にカードを引きますが
全て「違う方向」を示唆します。

そういえば、以前から「巫女さんをやってみたい」と言っていたので
カードを引くと、不思議なくらい「正しい方向」へと導かれていきました。

さっそく地元、都内の神社に当たってみましたが、全てもう決まっていて
募集はありませんでした。

少しがっかりしていた時、ふと、以前私が30代の時に、ある縁でお参りに行っていた
都内の有名な神社を思い出し、感じるところがあったので連絡をしたところ
「採用できるかは分からないけれど、履歴書はお預かりします」という返事を頂き
「後は天(神様)にお任せしよう」と娘と二人でお祈りをしました。

12月に入り、巫女さんとしてのご奉仕の連絡を受けました。

何か凄く清々しく、それでいて深く、娘との縁を感じました。


人生で初めての仕事が、大晦日から新年、巫女さんとして神様へ奉仕するという
ふと思った事から、人生の出来事とはこんなに変化し、成長していくことを
改めて見せられた思いです。

シンクロという、魂と繫がる時空を超えた導き(偶然の一致)とは
本当に素晴らしいものであり、奇跡的なことが起こるのです。

魂との繫がり、深き恩恵に感謝します。

0.jpg


―スピリチュアル ヒーリング―

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://vibrant528.jp/tb.php/173-85a63d65