月の軌跡

Posted by 東山弘明(KOUMEI) on   0 comments   0 trackback

4月の満月から世界経済(マーケット)は、ギリシャ問題で大きく揺れ、
日本においても口蹄疫、普天間問題などが次々と表面化されていきました。

そして5月28日の満月の日、問題は解決されないまでも
一応、一呼吸入れた状態になっています。

古来より月の満ち欠けは、生命の誕生、成長、消滅と深く関わりを持ち、
私達の現実や心身にアノマリー(繰り返し起こる不思議な現象)として記憶されています。

特に5月のムーンサークル(月の軌跡)は、ミニアセンションと思わせる位
大きな意味がありました!

5月の連休を境に、大きな引き潮に洗い流されるように、個人も国家も
隠していたものが表面化されていきました。

満月の夜に狼男に変身するかのように、心の何処かに滞っている「負のエネルギー体」が
「怒り」や「恐怖」と共に表面化されていきました。

自分が求めなくとも、アセンションによる月の光のエネルギーと、地上での意識の高まりが
そうさせているのです。

竹取物語にもある「かぐや姫(月の光)」は、人々の祈りを伝えてくれると共に
権力や人間の傲慢、不正なものには厳しい光に例えられています。

クリスタルをも浄化する満月の光は、私達の内面にある「悪いエネルギー」を出し、
「解毒、発散するエネルギー」となります。


今、世の中で起きている現象は、誰が悪いということではなく
私達一人一人に問い掛けられている問題と受け止めてみて下さい。

神々の国(ギリシャ)で何が起きているのか?
古代では同胞であり、友であった家畜たちとの命の関わり、
世代が変わっても今だ残る戦争の傷跡・・・
そして未来へ続く平和とは・・・

次のステップの為にも、早く物事の本質に気付かなければならない時を迎えています!

宇宙秩序(ガウスの神)は、私達にとって一番身近な宇宙である「月の光」を通し、
約28日という周期の中で大切な事を沢山伝えようとしています。


大いなるヒントへ・・・・・

少なくとも月の癒しの光とリズムを 意識の中で受け止めることは
私達の中で滞っているものを潤す「潤滑油」となります。

実際、月の軌道に合わせていくと、病気の回復が驚くほど好転していきます。
命と繋がり、効果的・効率的な光の性質であるエネルギーが自然と心身に養われていきます。

天候が不順な中、この地上で生き抜くため、草木たちもしっかりと大地に根を下ろし始めています。

6月は田植えの季節!
特に今という時期は、アセンションに備え「人生の幸せの苗」を植えつける時です!
そして自分自身の心の手入れを怠らず、収穫、貯蔵という自然のリズムに力強く、
祈りを込め、グラウンディングをすることです!

また人生の問題に対しても、予防、原因、究明、忍耐、信頼という
「月のリズム」に合わせたスピリチュアルなエネルギーを必要とします。

月の軌跡は光を通し、私達に大切な事を沢山送り続けているのです・・・!


益々情報機器は発達し、人々の思考レベルを超えて来ました。
秒速を超えた情報変化は、人々の思考を狂わせます。

くしくも「満月の日」の[I pad]の発売!
本当の人間の幸せの情報源とは何か・・・?をみんなが感じていかねばならない
それが「今」なのだと感じています。

ya1705.jpg

―スピリチュアル ヒーリング―

Category :

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://vibrant528.jp/tb.php/143-7cdfc536