二つの真実

Posted by 東山弘明(KOUMEI) on   0 comments   0 trackback

現実の迷いから精神世界を求める時、
多くの人々が間違った道を選んできました。

それは近道を選んだつもりが、終わりなき苦難へ続く道です。

入り口には真実について、心の世界について、無知な人々を誘い込む罠が
幾重にも張り巡らされていました。

重き物質世界、三次元(現実)のみを世界と思って生きてきた人々は、
生まれたての動物達が、初めて見たものを親と思うように、
初めて、自己が精神世界を求めようとした時に見たもの、知ったものを
真実(神)と思い込んでしまいます。

たとえ、カルトや誘惑に駆られた占術、霊的手法、間違った宗教、教祖であろうと・・・

ここでは、弱り疲れきった身体にカンフル剤、劇薬、あげくの果てに麻薬を打つようなもので
ほんの一時的、その場だけは楽になるため、そこから逃れることが出来ない極度の「依存体質」へ
変質し、一生を停滞の枠組みに入れられ、世間の常識すら見抜く力を奪われていき、
例えそこから逃れられても、その後、後遺症として重き人生の荷を背負わされてきました。

この道も重きカルマの現実にあって、自らの決断の道であり、気が付くまで辛抱強く見守るしか
ないのかもしれません。

いかなる場合でも、スピリチュアルな世界で強要ということは無く、選択権は
本人に委ねられます。



もう一つの真実の道は、大いなる「気付き」の道です。

この道の分岐点に来た時、自己の眠っていた潜在的、神秘的力が、
間違った方向へ行かぬよう、シンクロを通し強く働きかけます。
霊的な力、守護霊や先祖が働くこともあります。

素直にその力(宇宙の法則)に委ねた時、真実の扉が開かれ、その道を進むことが
許されます。

少し高い次元でこの場を見れば、どちらに行けば良いか簡単に見分けられる事ですが、
三次元という、善も悪も混合する世界にあっては、今まではなかなか難しい選択でした。

ここでの真実とは、魂へと繋がる道のりで、現実における偽りの世界
(現実においては、常に愛、平和、自由、信頼、心 etc.という言葉にいつわりという言葉がつきます。)
が、少しずつ心身から流れ出し、本質を見つけることができるようになっていきます。

内なる目覚めの範囲と同調し、真実の外の世界(宇宙意識)へとリンクしていきます・・・!

そしてこの道は、私たちの多くが魂との約束をしているアセンション(悟りの道)へと
続いていく道でもあります。

思考形態からの学びではなく、心をフィルターとし、感情を通し語り合える世界への移行、
いわゆる意識の次元的向上が実践されていきます!

キリストが罪深き大地にもたらそうとした「真の愛と癒し」そして「真実の力(平和、自由)」へと
導かれていきます・・・!



このブログを読まれている方々は、少なくともその事に気付き、自己の役割りを感じているはずです。

既にあなたの細胞やDNAにインプットされたものであり、後に戻ることはありません・・・!

そして、ある日現実世界のどこかに戻った時、自身の力、存在が人々の役にたち、心を癒し、
導けることができるリーダーとなっていることに気付くことになります!!!

今、多くの人が迷いの最終地点に立っているのです。

2009010923-1.jpg


―スピリチュアル ヒーリング―


Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://vibrant528.jp/tb.php/133-dea4751c