陽だまり

Posted by 東山弘明(KOUMEI) on   0 comments   0 trackback

我が家のちょっとした自慢といえば、
一家4人がスピリチュアルを信じていることで
よく会話が盛り上がり、楽しい一時を過ごすことができます。


まだ寒い日が続く中、
庭の小さな陽だまりにちょっとしたメッセージが届きました。

ホワイトセージの鉢に、夏に一日しか命がないという
「ウスバカゲロウ」がとまっていました。

また、夏の花「ハイビスカス」が美しく咲いているのです。
しかも、赤い花のはずが黄色になっています。

ここ数年は、ショール(ブラックトルマリン)を植木に与えたり、
大地にヒーリングをしているのですが、本当に全てが生き生きとしているし
不思議なことが沢山起こります。

都会の人々が忘れている「土」のエネルギーを活性化することが
環境にも自己にも、非常にプラスになることを実感しています。

ポジティブなエネルギーを、自分と自分の回りの環境に沢山集め
小さな変化を大切にし、楽しみ感じることが、
スピリチュアルの原点のような気がします!

「神のトンボ」と言われているウスバカゲロウ
「美と信頼」の花、ハイビスカス
何かのメッセージと受け止めた時、シンクロが成立します。

身近なところに大切な「気付き」「ヒント」があるのです。

d0012360_13424943.jpg



―スピリチュアルヒーリング―


Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://vibrant528.jp/tb.php/117-191ddc0e