美舞欄斗(びぶらんと)   日本人として

Posted by 東山弘明(KOUMEI) on   0 comments   0 trackback

今年は、日本に転生してきた「真の意味」に気付かされる事が多くなるでしょう。

仏教の最終伝承地であり、神 仏の国「日本」

私たちは、仏教の中心テーマである宇宙の摂理を学ぶため
そして、他の大陸では果たせなかった、仏教の教えである「カルマ」の解消を果たすため
「魂の計画」に従い、この地に転生をしてきました。

平成の呪縛の中、日本は混乱に明け暮れています。
ちょっと問題を挙げただけでも、アメリカ支配、皇室、官僚、政治、巨額な財政赤字、
デフレ経済、雇用、年金、医療、自殺、教育・・・・・

本当にキリがないほど、問題が山積みにされ
無知な人々(現世しか信じない人々)達による
「問題の先送り」「なんとかなる」で、全てをごまかしてきました。

しかし、アセンションの「今」という時の性格は、それを決して許してくれません。
逆に言えば、現実が修業、大いなる学び、自己を高める最大の場なのです。

そして、この問題に真剣に向かい合う姿こそ、日本の古代から伝わる「真 善 美」の記憶 
DNAと符号し、自己の役割りに目覚め、カルマの解消と繋がっていく、
本当の自己の力(セルフエンパワーメント)を思い出すことになります。


今日本では、本来「一なるもの」であるべき神仏は、多くの宗教、宗派という形で人間の手に染まり
真の教えから遠く離れ、人間社会の映し絵にすぎないものになっています。

これだけ多くの宗教が、まともに「心」を中心とした教えを伝えていたなら、
今の日本の現状は少なくとも無い筈です。

ゆえに、他を恐れ、神 仏に対し恐れを知らない物欲、無知(仏を信じない間違った教え、
間違った見方をする)その他数々の悪行が、今の現状になっています。


日本での転生の意味、今一度、神と仏と自己を見つめ直すことが、求められている気がします。

「真」の神と仏を学び、
命を大切にし、人に優しく、調和をとり「善」をはぐくみ、
日本の自然の「美」を愛することこそ
私たち一人一人の転生の意味であり、役割りそのものです。

そして、今の日本の問題に取り組むことが
私たちのカルマの解消と繋がっていくことになります。

houryuji_6030.jpg


―スピリチュアル ヒーリング―

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://vibrant528.jp/tb.php/115-2946d950