「地球号」

Posted by 東山弘明(KOUMEI) on   0 comments   0 trackback

今年に入り「気付きの拡大」が加速されています。

変化の対応に遅れると、我々が乗る「地球号」は
非常に乗り心地が悪いものになります。

今現実に起きていることは「何が真実」かの問いかけです。

例えばエリート集団と言われたJALの破綻は一企業の問題ではなく
古い日本システムそのものの破綻と理解すべきで
教育から労働、報酬、官僚、政治、企業モラルなど、全てが問われているのです。

世界ではドバイ経済の破綻、ポルトガル、ギリシャ、スペインの財政不安が表面化し
平成の厚い重しがかかった「呪縛」が取れない日本が、世界経済の震源地となる可能性は
常に含んでおり、そのカギはアメリカの手中にあります。

この苦難の中にあって、現実における「真実」を見抜く力が養われていきます。
表と思われていた事の裏にある「真実」!

アセンションの光は、今まで隠されてきた「闇」を明らかにする「光」でもあるのです。

現実ではもはや解決できない事に気付き、霊性に目覚めた時
現実が転写されたに過ぎない「依存」「現世利益」という間違った宗教観でない
「真のスピリチュアル」に移行するためにも、現実とスピリチュアルの両極において
真実を知ることの大切さを学んでいるのです。

それは、一人一人が本当の自己の力(セルフエンパワーメント)を取り戻すためにも
通らなくてはならない過程でもあります。


昭和という高度経済成長での男性社会による「成功体験」が
今の日本を常に蝕んでいます。

また、戦後の「アメリカへの依存」関係は、日本の自立を妨げてきました。
あらゆる面で日本人特有の「依存体質」は大きな問題です。

「依存」は恐怖から来る「呪縛」のようなもので、これを持ち続ける事は、
霊性の目覚め、セルフエンパワーメントの一番の弊害となるものです。

現実でも思考、感情、独自性など全てを鈍らせ、そして悪いことに
「依存」が叶うとなると強気になり、暴走を繰り返し、常に混乱を引き起こします。

この過程で「真実」を見い出すことは何一つない事を肝に銘じて下さい!!!

長い間、自己にインプットされた多くの間違った概念をリセットし、
取らなければなりません。

これは簡単な事ではありません。
でもそれを実行する方が「地球号」の乗り心地は格段に良くなっていきます。

どうせならアセンション行き「地球号」の素晴らしき乗務員として
多くの人々をサポートできるポジションにありたいと願うばかりです。

E3828FE38197E6989FE99BB2.jpg

―スピリチュアル ヒーリング―

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://vibrant528.jp/tb.php/114-73a5fb57