「光」

Posted by 東山弘明(KOUMEI) on   0 comments   0 trackback

皇室の古くからの伝統行事 宮中歌会始
その時代を象徴するといわれる今年のお題は「光」です。


50年前、天皇陛下が美智子妃殿下とご結婚された最初のお題が「光」でした。
その後日本は、戦後の貧困・苦しさから、奇跡とも言われる高度経済成長を
成し遂げていきました。

物質的には闇から光がさしたような大変化でしたが、失ったものも多くありました。

平成に入ってから、政治・官僚・機構の混沌はひどく、
財政赤字という未来への負の遺産は拡大し続けています。

何かが、厚い重しがかかったように日本全体が停滞しているのです。
物・金を優先したため、すべてに心を失って来たのです。

昨年、政治による変化がありましたが、何一つ問題は解決に至ってなく、
今の日本の状況は、すでに現実では解決できないレベルに入っています。

今、日本に必要な力とは、真の霊的パワーです。

日本という国家は、古代より見えない力を最大に取り入れることによって支えられて来ました。

停滞、混乱期には天皇を中心に遷都、神社・仏閣の建立が行われ
悪い気を払い、姿形を整え、神仏による霊的パワーを国造りに取り入れ高めて来ました。


日本とは、本来その力によって進化していくスピリチュアル国家なのです。
残念ながら、今の日本にはその系統を理解し、現実に転化させることはできません。

しかし、一筋の光明は、日本に転生してきた人々の中で高いスピリットを持ち
長い眠りから目覚めつつある人々が多くいる事です!!!

現実には少し時間がかかりますが、日本人としての新たなる目覚め、ビジョンが
見えて来るでしょう。


陰・陽のバランス、「気」に包まれた自然、神代の国
優雅で精彩な芸術、茶道・華道・庭造りに見られる身近なものへの尊敬の念
「気」「技」「剣」による精神の修練
全てが内面(スピリット)を高め、表現できる素晴らしいものを持ち
そこに神仏と高度な占術がかみ合い、宇宙と繋がる、
真・善・美・動・形を持っているのです。

日本人が霊性に目覚め、日本人であることの意識、自覚こそ
混迷する世界に一筋の「光」をもたらす力なのです。


今回のお題は、日本人としての新たなる目覚め
物から人、そして心への「光」の変化と感じています。

23274P070_2_N.jpg




―スピリチュアル ヒーリング―



Category :

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://vibrant528.jp/tb.php/109-35dfeb04