分離の浄化

Posted by 東山弘明(KOUMEI) on   0 comments   0 trackback


 
  エネルギーワーセッションと新たにネットでのカウンセリングを依頼され、



 少し忙しくなってしまいました。


 時間にとらわれることなく、マイぺースでいきたいと思っています。



 今の世界、宇宙の仕組み、人間とは、心の法則、意識、さらには魂とののつながりを



 理解していないと、現実の混沌とした妄想の世界に巻き込まれてしまいます。



 混沌の原因は人間の五感が認識する陰陽の世界と、それによって分離された、


 人間の思考がもたらすものです。


 それは自我と集合意識による記憶と、あやまった認識と概念に基づいたものです。


 さらにそのべースは、恐れと罪悪感によるものです。

 


 逆に今はあなたの中にある分離という魔法を浄化するチャンスでもあります。

  
      自分の中にある分離から離れてみる。


 たとえば、今あなたがけん悪感をもっている人間関係やニュースにおいて


 心に働きかけ冷静さとできるだけ気にしない状態にしていきます。


 それが進むと、心の法則に気づくことができます。


  ☆ 対象に対しけん悪感を持つことは、自分の心のエネルギーが対象に力を与えることになる。


 さらにその対象に苦しめられることになります。


 けん悪感を持つ対象に力を与えることは、だれもが望むことではありません。


 心のエネルギーは良くもわるくも強大なエネルギーをもっています。


 心の法則に対し無知ではいけないのです。


 分離され、あなたがけん悪感を持つ対象すべてを浄化してください。


 対象に対してけん悪感がなくなり、心の中に光が入り静かな心をとりもどすことに


 意識を集中します。


 光と意識はこの宇宙を創造している根源であり、


 集中することにより姿を現します。


 この場には分離は存在することができず。


 知性、すなわち真理のみが存在しています。


分離した現実は、お互いの心のけん悪感が作り出した妄想の世界、


 心の浄化とともにどちらも存在の力を失い、やがては消失していきます。


 その世界にとらわれることなく生きていく、正しい心のエネルギーの使い方を理解しましょう。 



    
4549a819e1a65b853b74b3a2303280f7.jpg

         人気ブログランキングにトライしています。
下のクリックをよろしくお願いします。

スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村


 


 

  

 

 

    
 

 
 

 
 

 

無知

Posted by 東山弘明(KOUMEI) on   0 comments   0 trackback

 1447240838.jpg

 
  現実の世界は、あれゆる場で人間の苦しみにともなう分離が展開されています。


 国家の対立、国内での対立、組織内での対立、身近な人間関係の対立・・・・・・・


 いったいこのしつこいドラマはいつ終わるのでしょうか、


 この原因は、100%人間の「無知」によるものです。


 特にエリートと言われる人々が創る世界は、


 学習という記憶と、多くの間違った認識、真実を見ずに概念で物事を判断してしまう癖、


 そこから生まれる世界観は、間違った自己の信念に基づく、自分は常に正しいという妄想です。


 そこからは強烈な分離を生み出す苦しみをともなうカルマが生み出されます。


 結果として格差、差別が現実化されています。


 プライドという自我は無知という言葉を絶対に受け入れることはないので、


 現実の世界に拡散されていきます。


    無知を受け入れることは力そのものです。 


 無知とは、自我意識が強く、物事にこだわり囚われ全体を見る事ができず、


 またそのことを信じている状態です。


 お釈迦様は、この状態の心のあり方を煩悩と言い、


 四苦八苦の苦しみを伴う因果の世界を繰り返すと言われました。


 無知と対局にあるのが知性で、学習による記憶や知識ではなく、


 この宇宙と自分と対象をを通して人間の根源的な本質を知ることです。


 この真理に気づこうとしないことを無知と言います。


 あなたの人生において真理を選択するか無知を選択するかで、


 全く異なる世界を生きることになります。


 この分離の世界から抜け出す簡単な方法があります、


 自分が対立していると認識している対象を無条件で受け入れることです。


 そして対象に対し心が無になる実践をします。


 修法としては瞑想で行います。


 対象に対し無までは行かずとも心が安定し静けさをとりもどすと、


 カルマは力を失います。


 ほとんどの場合、対象に対し逆の行為をしてしまい現実世界の相手の力を壮大させています。


 無は、心の世界から意識の世界にとどまってのみ力の源となります。

 

 無知のもう一つの真理、無を知ること、


 この最高の気づきがあなたの中で無が無限の力に変換されます。



     感謝を込めて。

 

        
      400x555ximg_1_m-e1472468965662_jpg_pagespeed_ic_bF7J2AyH6g.jpg
 

          人気ブログランキングにトライしています。
下のクリックをよろしくお願いします。

スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

 
 

 

 

 

 
 

 

 

 



 


 

 

意識

Posted by 東山弘明(KOUMEI) on   0 comments   0 trackback

  1447240838.jpg
 
  
   私たちはな膨大な記憶を持っています。


この記憶のデーターは必要に応じて肉体と自我を守るために自動的に作動を繰り返します。


 それは体内機関、つまり心臓や胃、肝臓、血液、細胞などが自律的に働くのと同じ原理です。 


  例えば過去に人間関係でトラブルがあり自分が苦しみ傷ついた記憶は、


  潜在意識にインプリントされ「私は人間関係が苦手だ。」「人は信じられない」、


  などという思い込みを創り、対象が現れると感情とともに現実に転化されます。


  このパターンはさらに複雑となり無数に存在し、一人一人異なります。


  囚われた思い込みは苦しみを伴います。


  自身のパターンに強く記憶されているものに気づくことがとても大切です。


  そしてそれらのほとんどはすでに必要のないものです。


  それらが温存されていると、自我というきつい色眼鏡を通して、


  ゆがんだ世界を見つづけなければならないこのになります。



    心の働き方を知り心をコントロールする、


      当たり前のようですが、


  なかなかできないことです。


  心をコントロールできないと思い込んでいます。


  でもそうではないこと、心は自由に動かせることに気づくと、



  魔法の杖を得たように世界を変えることができます。


  しかし心の真の使い手となるものは、残念ながら自我ではありません。


  それは意識です。


  ウィキペディアで意識を調べるとこう記されています。


  「起きている状態にあること(覚醒)」または「自分の今ある状態や、周囲の状況などを認識できている状態のこと」を指す]


  つまり自我から覚醒し、自我と世界を冷静に見渡すことのできる知性・・・それが意識の実在です。


  今までこのようなことを教えられていないので、


  このシンプルなことがなかなか理解できないような思考になっています。


  現実世界に囚われ、それが心にインプリントされ肉体を通し再生を繰り返す輪廻の世界から、


  純粋な高い意識の光が自我から解放された心を通し、真理を現実にアウトプットする。


  それは今までとは全く違う世界を体感することになります。


  悟り、またはサマーディーの道のりはとても長いように思わています。


  それも自我の思い込みで、意識の世界では一瞬の出来事のような気がします。




                   t02200330_0367055011907340975.jpg
  

  
人気ブログランキングにトライしています。
下のクリックをよろしくお願いします。

スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村






























 

宇宙の真理

Posted by 東山弘明(KOUMEI) on   1 comments   0 trackback

  
  2000年代に入り量子力学の急速な進化により、


 宇宙や物質、エネルギー、生命、人間の仕組みが解明されるようになりました。


 その中でも最近、科学雑誌ネイチャーが、


 オーストラリア国立大学の物理学者チームにより、


 観測されるまで現実(宇宙)は存在しないことを量子実験で確認することに成功したと伝えました。 


 人間が観測するまでは、


 人間と人間の宇宙は存在しないということ。


 常識的な感覚では、人間が観測するとしないに限らず、


 人間と人間の宇宙は常に存在」し続けています。


 私たちの常識を大きく覆すこの事実。


 あなたはどう思われるでしょうか、


 人間が観測するまでは「人間と人間の宇宙は存在しない」


 という、実験で明らかになった世界観。



 人間と人間の宇宙が実在しないのであれば、


 この宇宙の真理とは一体何なのでしょうか、


  ☆ 悟り ☆

 数千年も前にこの宇宙の真理を理解していた聖人達がいました。


 そして悟り、またはサマーディ、空に入った聖人の言葉からは、


 この世は幻想であり、人間の心の認識により映し出されるものという、


 共通の教えがあります。


 これは精神世界と量子物理学に見る共通の認識、


 この真理を受け入れることで、


 パラダイムシフトによる単なる考え方の変化ではなく、


 思考そのものが根底から破壊され、


 今までのあらゆる常識を超えてすべてが展開されて行くことになるでしょう。



 私自身はこの真理を受け入れることができるようになりました。


 瞬間的ですが全く違う世界観を体感することもできました。


 この真理により新たな宇宙を人類が創造することになります。


私たちの真の目覚めにより弥勒の世界をこの世に映し出すことになります。


      祈りを込めて。



ヾ(o´∀`o)ノ

 人気ブログランキングにトライしています。
下のクリックをよろしくお願いします。

スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

  
      
        

  

 







自分とは

Posted by 東山弘明(KOUMEI) on   0 comments   0 trackback


aa45.jpg


    
  自分とは・・・・・・・


 だれもがこの大きな人生の課題に直面します。


 自分とは、体、思考、心、名前、社会での立場、地位、生まれた環境、国・・・・・・・・


 どれも自分である、だれもがそう思われるでしょう。


 私も過去にある体験をするまではそう思わずにはいられませんでした。


 精神世界の本では、人間は魂とつながり、


現実世界ではない不変の真我こそが自分自身であると記されています。


 でもこのことは、いくら頭で理解しようしても、


 なかなか難しいことです。


 それが真実であるという実体験を通してのみ気づくことができるものなのです。


 この実体験とは、神秘体験、奇跡、夢、発明など、


 今まで考えたり創造したこともないことが、


 ある日突然自分の前に現れることです。


その体験も後で振り返ってみると、


 体験までの様々なプロセスがあり、


 意味があることに気づかされます。


 さらに体験をとおし深い自己への気づきに入ると、


 自然と確信となります。


 この確信までの導きは何だったのだろうか・・・・・・・


 それは気づきだとわかります。


 では気づきとは何なのか、

 観察する力、集中する力が物事の本質を見ることができるということです。


 気づきとは、すべての現象にあるただ一つの真理を見いだす力です。 


 そして大きなテーマである 自分とは・・・・・を解き明かす力となります。


          
     人気ブログランキングにトライしています。
下のクリックをよろしくお願いします。

スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

 

 

  

 

 

Category :