魂との会話

Posted by 東山弘明(KOUMEI) on   0 comments   0 trackback

21世紀は、人類が切ってしまった<魂とのつながり>を
再結合する時代と伝えられています。

では、魂とは何か ・ ・ ・

なかなか正確に答えられる人は少ないと思います。

魂と会話ができれば素晴らしいと思いませんか?

古代の人類の中では、魂とつながり会話を楽しんでいた人々が
たくさんいました。

実は私達はその手法を知らないだけなのです。

人は誰でも心と会話をします。

実はこれは、人間の持つ特質です。

でもほとんどは心の中にある潜在意識、つまり過去世から続く記憶との対話を
感情や思考を通じてあまり意識せずに行っています。

カルマと捉える事もできます。

魂との会話は、潜在意識を超えた場で自由に行うことができます。

まずは、心との対話に意識的に気付くことです。

古代インド、ヴェーダー哲学にある、魂とのつながりを表わすスートラ(意味を成すマントラ)に
Sat Chit ananda (サット チット アーナンダ)という1フレーズがあります。

Satとは真実を意味します。
Chitは真の高い知識、純粋な意識を意味し、
anandaは真の豊かさ、至福、愛を表現します。

このフレーズが魂を表現し、魂とつながるスートラとして説明されています。

宇宙から流れるプラナー(光子)を静かにゆっくりと深く深く取り入れ、
あなたは自身の心の中心に、ただ純粋な光と愛、至福と叡智を感じて下さい。

そして、Sat Chit anandaを自身の全体で、そして地球、宇宙と共に感じて下さい。

何回唱えても構いません。

さらに唱えながら、純粋なる愛と至福と叡智を、自分なりに創造して下さい。

深い感謝の念は、心の蓋を開く力となり、一筋の光が全体に広がっていきます。

心の穏やかさが心身全体を潤し、何もしなくともその深い意味を感じようとします。

後は魂とのつながりを感じ、意識し、創造して下さい。

こちらから送ったフレーズに対し、そっと言葉が返ってくるのに気付きます。

「やっとわかったかい」 「これでいい」 「心配は何もいらない」
「さあ 次へいこう」 ・ ・ ・ ・ ・  こんな感じです。


魂の会話を自由に楽しんでみて下さい。


魂の会話が生じた時、大きく良い方向へ変わっていきます。





スピリチュアル ブログランキングへ

FC2 Blog Ranking

―スピリチュアル ヒーリング―






Category :