Truth

Posted by 東山弘明(KOUMEI) on   0 comments   0 trackback

人は何故生まれ、何処へ向かうのか

古くから人間にとって永遠のテーマです。

この10年間は現実、精神、社会的にその事を知る多くのヒントがありました。

これからの10年間はそれがもっと明確に、しかも早く明らかになっていきます。

DNAの研究と共に、宇宙言語を解読する事もできるようになりました。

2進法に基ずくコンピューターが急速に進化した事と、過去の人類に起きた
驚異的な進化のプロセスの秘密も解かってきました。


ここで少し想像を働かせて下さい。

人類史上のどこかで、人間の特異なDNAに大きな力が働いたこと。

その真実も明らかになってきました。


<真実を知る勇気>

一人一人の叡智を持って、真実を知ることの勇気を持って下さい。

此処では抽象的な言い方しか出来ませんが、これまで「当たり前」と思ってきた事

特に教育、企業、お金、政治、科学、食、宗教、エネルギー、スピリチュアル

あらゆる社会の「あなたがおかしい」と感じる問題において
<何が真実なのか?>をはっきりと見、知る事が必要となります。

本当に私達が望んでいる、真の平和、心の豊かさ、思いやりの世界の<扉>を開くには
まだまだ多くの困難があります。

同時に社会現象を通し、過去から続く人類史の隠蔽、腐敗、残虐さの行為が
あからさまになってきます。

その時に何があっても慌てず、冷静さを持って対応できるまでに、成長する必要があります。


辺獄 - 「待機の時間から新たなる刷新の時代は、一人一人にある日突然訪れる」
とあります。

人類の起源と伝えられる、プレアデスの太陽<アルシオネ>(マナの光)

その光子のレベルが、重苦しいレベルの低周波動(怖れ、苦しみ、怒り、悲しみ、諦めの世界)から
新たな光の周波数へと駆り立て、確定されていきます。

今は、その光を想像し、同調し、信頼し、一人一人のある限りの叡智を持って、
その<扉>を開く強い意志を持つ時です。

私達はあまりにも強力な眠りの中にあり、ほとんどの人はその中、妄想の世界で彷徨っています。

人類の本来の姿<完全なる意識の光の存在>として、目覚める時が近づいています。


<ベールを寸断すること   人生を理解すること>

これは何を意味するのか?

私達人間は秩序があり、清潔で明解な世界<善と悪、美と醜さ、真実と嘘>が
きっちりと互いに分けられており、決して混ざる事の無い世界に住むことを望む。

物事がどのようであり、何処に向かい、どう振舞うのか確信が持てるように

そのような世界においては、私達は何度も、自分自身や他者を理解しようと試み、
共に意思疎通し、互いの為に生きるよう運命付けられている。

      
                          シグムント・パウマン