ありがとうございました・・・・・☆

Posted by 東山弘明(KOUMEI) on   0 comments   0 trackback

2011年が終わろうとしています。

スピリチュアルに目覚め、アセンションを理解する人達にとっては、
「気付きの拡大」となる一年でした。

私自身セッションの数は、人生相談を含め1500件以上となり、
振り返ってみると、一日も休みは無かったです。

そんな中でも自然体でいられるのは、宇宙パワーに任せているからでしょうか・・・

そして、今年ほど手応えのあった年はありませんでした。

昨年まで、普通の主婦やOL、サラリーマンだった方達が、
カウンセラーやヒーラーの道を歩まれました。

その決断に心よりのエールを送りたいと思います。

まだ日本に於いては、精神世界の認知度が低く、抵抗を持つ人が多くいます。

しかし多くの女性、若者、子供たちは、スピリチュアルをごく自然に、
当たり前の事として受け入れています。

来年は、この流れが加速されていくことでしょう。

本当に楽しみです。



<今年最後のメッセージとなります>

私達は自己の成長、進化を通じ、多次元宇宙と繫がり、
魂を学ぶ為に、この地に生まれます。

自分で見ている世界、聞いている世界、感じている世界に
責任を持ちましょう。

人生の問題を何かのせいにする事、
そこから抜けない限り、一歩も前に進む事はできません。

また、深く何かに依存や執着する事は、自分の全ての力を失います。

自己責任、自己の力で生きる決断をした時、宇宙のパワーが我々に入り込んできます。

苦しみで生きるのではなく、愛のエネルギーに委ねることで、自然と全ての波動は
上がっていきます。

自我でなく、天に任せた時、最も良い答えが用意されています。


一息ごとに宇宙を感じ

一息ごとに地球を感じ

一息ごとに愛を感じ

そして、一息ごとに自分を感じて下さい。


そして、新しい時代の幕開けです!!


愛と感謝と祈りを込めて・・・


本当にこの一年ありがとうございました。



―スピリチュアル ヒーリング―

早い一年でした

Posted by 東山弘明(KOUMEI) on   0 comments   0 trackback

我が家の自慢(世間では?)と言えば
一家4人がスピリチュアル大好きで、
この話題になると、会話が弾みます。

長女は、今年からブレスレット作りに目覚め、
1月まで予約で忙しそうです。

次女は、高校最後の年で、年末年始は巫女さんとして
活動しています。

一家に一台ではないけれど、一家にスピリチュアルがあることで、
自然とうまくつながっています。


今年は何かと大変な年でした。

大変とは大変化のことです。

今年が人生で一番苦しいという人が、カウンセリングを通じ
一番多かったです。

日本に於いても、3・11の震災は、大きなインパクトがありました。

「天災は忘れた頃にやってくる」の格言の如く、人々が神への祈りを
忘れた頃に、その事に気付かさられる為、天災を招くと言われています。

その後、人々の意識は大きく変わっていきます。

そして、祈りの光が広がっていきます。

世界も大きく動いています。
様々な天災、ヨーロッパ通貨危機、独裁者の死と
全てがアセンションの流れ、それに伴なう意識の変化が
加速されていきます。

来年に向け、更なる心の準備をしましょう。

何故、まだこんな事を言うかと言うと、
日本にとって本当の試練の年となるでしょう。

色々な事が表面化し、悪しき事が浄化されていきます。

静かな心は一見弱く見えますが、何事にも動じない心こそ
真実を見極める一番強い心の状態です。

私達一人一人が、スピリチュアルやアセンションの真実を見る力を
持たなければなりません。

逆に言えば、自己の進化の大チャンスの時となります。

日本に生まれ育った意味を、一人一人が魂のレベルで感じ取って
いかなければなりません。

私達はこの日の為に、この大地に降りてきたことを再認識することです。


放射能汚染、多くの社会問題を抱え、不平不満で生きるのか?

美しい景色、新鮮な食材、優しい人々の中で、感謝をしながら生きるのか?

この選択は自由です。

しかし、アセンションに於いては第三の選択、
「神国日本として、神と共にある」という生き方をする事ができます。


この暗闇の日本に光を降ろせるのは、あなた達一人一人です。

暗闇こそ、真実の光を輝かし、伝えることのできる土台でもあります。

日本にも数多くいるライトワーカー達、
そして、それを取り囲む人々の祈りが、黄金の国の再生へと繫がっていくことでしょう。

images.jpg

FC2 Blog Ranking
―スピリチュアル ヒーリング―

目覚めたおじさん達 (スターシード)

Posted by 東山弘明(KOUMEI) on   2 comments   0 trackback

二人で小さなガレージから始めた会社は、
20代にして4000人以上の社員となり、彼は億万長者となりました。


アップルコンピューター創設者スティ-ブ・ジョブズ氏のあまりにも早すぎる死でした。


私と同年代なのですが、特にこの年代(48~56歳)はスターシード(目覚めた大人)
と言われるシリウス、プレアデス、アンドロメダなど宇宙と直結し純粋な心と知恵を持ち
今の地球の在り方を変更する為宇宙システム(法則)を地球にフォーカスする役割りを
持って生まれてきている人々が集中している年代と言われています。


特に彼は宇宙意識を現実化する能力に長けていました。


そのカリスマ性からメッセンジャー、シャーマン的な精神的役割りも持ち、
アセンション以後の新しい時代を担うインディコ、クリスタル、レインボーチルドレン達に
希望の光を伝える役割がありました。


その中でも生前スタンフォード大学の卒業式で行なわれたスピーチは
多くの若者の目覚めのコードを開き、感動を呼び起こしました。


私がスピーチで最も印象に残った事をお伝えしたいと思います。


彼が立ち上げたアップルコンピューターからの追放、敗北の中、
自分が仕事を愛していた事を改めて知り、同時に愛する人との出会い、結婚と、
人生は点と点との繫がりで全てに大きな意味があり、成功があるから敗北があり、
そして新たな出発、そして愛の力に導かれているということ。


後は癌に侵された彼の死に対する思いです。


死は生物にとって最高の発明であって、生命にとって古い物を取り除き
新しい物を開いてくれる変革の担い手であり、死を意識する事で
自分の人生にあっては、他人の思考の結果で生きるのではなく、
内なる声、自分の心とインスピレーションに従う人生を歩む勇気を持って欲しいと言う
メッセージ、更に心とインスピレーションは自分が本当になりたいものを知っていると
熱く語りかけます。


このスピーチの後、若者たちは立ち上がり、惜しみない拍手を送りました。



1980年代、ソニーの創始者、盛田昭夫氏との出会い.

彼のセールスポイントであるタートルネックのセーターは、三宅一成氏のデザインです。


こよなく日本を愛し、仏教を学び、禅にも傾倒していました。
2010年の5月には最後の長旅となるお忍びで愛妻と共に京都を訪れています。


日本の企業、特にPCメーカーの現実に対しては「海岸を埋め尽くした死んだ魚」と
酷評をしています。


それは日本を愛するからこそ、日本の伝統、美、感性が失われている事への失望です。
インスピレーション型の経営、日本人らしくあれという、私達への強いメッセージでも
ありました。



「あなたの両親は、あなたに世界をくれました。

 あなたの子供達に、私達は宇宙をあげましょう」

 アップルコンピューターのスローガンです。



宇宙を意識し、現実にフォーカスし貢献する。
私達はそんな時代を生きている事を教えてもらえました。


彼は約束通り自らの死をもって、子供たちに新しい道を開きました。


きっと天国に戻り、新しい戦略を練っていることでしょう。


今度彼が地上に降りてきた時は、ワンタッチで癌を発見し、直すことができる
画期的な治療法を開発してくれるでしょう!


それこそ点と点は、次元を超えて繫がっている事の証明となる筈です!!



                         感謝と愛と祈りを込めて


time-jobs-cover.jpg


FC2 Blog Ranking
―スピリチュアル ヒーリング―

無題

Posted by 東山弘明(KOUMEI) on   3 comments   0 trackback

11・11・11のゲートウェイの後、忙しい日々が続き
私自身、10年以上ぶりに体調を悪くしてしまいました。

これも何かの暗示だと思い、謙虚に受け止めています。

やはり、健康は何より気遣わねばならない事だと
改めて実感しています。

メールなどの対応、ブレスレットのオーダーが遅れてしまって
申し訳ございませんでした。

本日より、リセットしていきたいと思っています。

本年も残り一ヶ月、いよいよ2012年に入ります!

心身共に、自分の弱いところがあぶり出されているような感じです。

特にこの二週間は、集合意識の中で多くの人々に「気付き」の
拡大が起きました。

本当にアセンションの手応えを感じています!

ここでは、何事にもブレない心、感謝と愛、そして祈りにより
自己の波動を高くすることが何よりも大切な時です。

今だ残っている怖れを癒し、もう一回り自分を大きくすること、
12月は、来年に向けて準備と決断の時だと思っています!!


―スピリチュアル ヒーリング―