静かなる幸福感

Posted by 東山弘明(KOUMEI) on   0 comments   0 trackback

1447240838.jpg



    感情表現をする言葉、例えば楽しい、うれしい、爽やか、気持ちがいい~、


  この逆が憎らしい、恐ろしい、苦しい、気持ちが悪いなどなど盛りだくさんです。


  日本語で感情を表現する言葉を集めると驚くことに130以上もあります。


  感情を示すエネルギー場は一つです。

  

  人間は感情に色付けをし多くのドラマを生み出してきました。

  深層心理では良いも悪いも、自分自身の人生を激しい感情的なドラマにするのが好きなのです。


  感情エネルギーは、とても強く、直接細胞、筋肉、皮膚、表情、行動に影響を及ぼします。


  相手が自分を良く思わない感情などすぐ気づくことができます。


  逆に自分が相手を良く思っていないこともすぐに伝わっているということです。


  感情には振幅つまりブレがあり人によってことなります。


 このブレはポジティブとネガティブに動きます。

 人生において自分の持つ「感情の自己振幅」どちらも体験します。

 
   ☆ 感情をコントロールする意識の力



  意識が高いほど感情の振幅が下がります。


  その場は穏やかさ平穏、幸福感というニュートラルな感情の場がひろがっていきます。


  何事にも一喜一憂することなく心が安らぐ場です。


  でも人生でもっと感情のドラマを見たい人たちは

  「お坊さんでもあるまいし、現実は厳しいんだ・・・・・」


  余計なアドバイスかもしれません。


  さてここからはあなたの選択です。

  このことはあなた自身が実験台となり体験することで初めて理解することができます。



  私自身の経験値によるものです。


  感情をニュートラルにすると、あなたの高い意識そのものがあなたの感情をとおして場に拡散されていき


  あなたの影響できる場と人間関係につたわっていきます。



☆ あなたが幸福感を自分の中で認識し意識すると、意識の力で波動がクォークに変化し電磁情報となり感情に伝わり

 テレパシーとなってあなたの影響できる場と周りの人につたわっていきます。


 量子エンタングルメント効果が現実面で起こります。


 さらに結果をもとめないほ良い事がおこります。


 良いことがおこったら静かに感謝をしてください。


   静かなる幸福感は全くブレることのないあなた自身のものなのです。

     
              感謝を込めて

                   
                          ☆ Vibrant
                                
                        実践、実感をとおして腑におちるかたちでの
                    スピリチャルカウンセリング&セッションをおこなっております。
                               
 


034.jpg

        近景 春になってきました。


             007.jpg
                        
       今日は義父の13回忌に行ってきました。・・・  都内 天王寺、釈迦如来坐像




      人気ブログランキングにトライしています。
下のクリックをよろしくお願いします。

スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村
   

癒し

Posted by 東山弘明(KOUMEI) on   0 comments   0 trackback

現代社会におけるストレスから、人々は癒しを求めます。

様々な方法でもてはやされていますが<真の癒し>は<自分自身による癒し>です。

そして<深い部分>に存在しています。

<深い部分>というのは、現実世界を捉えていたら決して気づかない<自己の内面>です。


* 何日間か<自己を癒す事にのみ>エネルギーを使ってみて下さい。

なかなかできることではありませんが、「やってみよう!!」と決めて下さい。


そしてまず初めに、外の世界で傷ついてきた<ペインボディ>に気付きを持ち、体の痛み、コリ、病気に対し、内なる力、イメージ的には<ハートチャクラの光>を感じ、ペインボディにその光を意識して当てて下さい。

5~6分静かに、内なる光を感じていきます。

・・・と同時に、外の世界の問題、そこから生まれる心の重み、マイナス思考やネガティブな感情に対し、光を意識して当てていきます。

この時、自分で何とかしようという考えをゆっくりと手放して下さい。

「この現実は、心の世界の投影である」

この考えを中心にし、真実と愛と神と自己の深い一体感を感じてください。。。

ただ感じて下さい。。。。。。


この間、私達が行う事は、深い気付きの許しのみです。

ペインボディに気付き、インナーボディ、つまり内なる光(真実と愛と神の一体性)を感じ、高めていくだけです。


あらゆる人間関係、仕事、お金、健康の問題での不安が込み上げた時、問題と思う事にエネルギーを注ぐのではなく、その時に反応しているペインボディと思考と感情を内から気付き癒して下さい。


1週間位すると、ちょっとした変化が起こります。

奇跡を引き起こす事もあります。


ペインボディが映し出す現実はひずみを持ったエネルギーとなり、悪い状況が現実となります。

それが癒しによって無くなった分、現実が変化したように見え出します。


是非<心の法則の真実>を体験してみて下さい。


そして<真の癒し>は <今 ・ ここに ・ あなたと共に>あります。。。


いつもありがとうございます。
人気ブログランキングにトライしています。
下のクリックをよろしくお願いします。

スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村




―クォンタム ヒーリング―

ハーブの香り

Posted by 東山弘明(KOUMEI) on   0 comments   0 trackback

最近は人間関係がとてもきつくなったり、夢がとても重たく
感じられる人が多いようです。

私達の目に見えない心体(ライトボディー)が広がっている為
エネルギーを通し、潜在意識をとても感じやすくなっています。

良い事も悪い事も、心や意識が自然と感じてしまいます。

その事を理解していても、私自身も、もう手放せていたと思っていた過去世や
インナーチャイルドの苦しみが、人間関係や夢を通して出てきてしまいます。


そんな時は、クリスタルやハーブを自然に取り入れてみましょう。

クリスタルは時間と空間を超え、ハーブは香りを通し深く私達を癒してくれます。

後は自分でどうこうしようとせず、「お任せします」という気持ちが
効果を高め、広げていきます。


ブルーの容器に水を入れ、その中にクリスタルを入れます。

ラベンダーオイルを3滴、ゼラニウムオイルを1滴入れて下さい。

それを枕元に置かれると良いでしょう。


また、ドライにしたラベンダーを枕元に置いておくのも効果があります。

リラックス 安眠 感情を和らげ 心身のバランスを整えてくれます。


クリスタルやアロマオイルを使用する時には、効果を求めない方が良いです。

何故なら、そもそも効果や可能性を持っているものに対しては
信頼する事が何より良い効果をもたらせてくれるものです。

期待もはずし、ただ自然に楽しんで下さい!

気が付いた時には、リラックスし癒された自分自身に気付くはずです・・・。



CIMG4309.jpg

とても癒されます。



CIMG4315.jpg

3月3日 今日はひな祭りですね。


スピリチュアル ブログランキングへ

FC2 Blog Ranking


―スピリチュアル ヒーリング―





小さな人

Posted by 東山弘明(KOUMEI) on   0 comments   0 trackback

40年以上も前の話
小学校に入る前の「小さな人」は、引っ越して来たばかりの東京の片隅で
一人ボールを投げて遊ぶのが好きでした。

すると、100メートル位先でいつもバットを振っている少年がいました。

日に日に、その少年との距離が短くなっていきました。

ある日の事、「小さな人」は胸をドキドキさせながら「ボール打ってみる?」と話しかけると
少年は「うん」と言って、「小さな人」の願いを叶えてくれました。

少年の名前は「ケンちゃん」と言います。

来る日も、来る日も二人で遊んでいると、次第に他の少年達がどこからともなく
集まって来ました。自然に野球のゲームができるまで、少年達の数が増えていきました。

小学校に入ると、「ケンちゃん」とは違うクラスで、また他の少年達も同じ学年だけでなく
上の学年の少年だったりと、後で思うと、よくこんなに仲の良い友達が、学年、学級を
超えて集まったものだと感心したことを覚えています。

そして、小学校に入ってからも、来る日も来る日も「ケンちゃん」と「小さい人」が
中心となり、暗くなるまでゲームを楽しみました。

ある日の事、中学生の野球部の人が来て、ノックをしてくれました。

しかし、ちょっとした不注意で「ケンちゃん」と「小さい人」の絆のバットに
ひびを入れてしまいました。

「ケンちゃん」は大泣きをしました。
皆はなんでこんなに泣くのか分からなかったけれど、「小さい人」にはその理由が
痛いほどよく分かりました。


そして、突然、その日が来ました・・・。

父の都合で、また引越しをすることになりました。

父はとても怖い人だったので、「小さい人」は何も言うことはできませんでした。

せっかく作り上げた大切なものが、あっと言う間に壊されていくような
不安と悲しみと苦しみをいっぺんに知らされることになりました。

「もう、友達は作りたくない・・・」
小さな人の心は傷つきました。

引越しの前の夜、小さな人はケンちゃんの家に泊まりました。
一日中、話をし、遊びました。
お土産に大きなケーキを貰いました。

家に帰って、誇らしげに「こんなに大きなケーキを貰ったよ」と言ったら
父が虫の居所が悪かったのか、次の瞬間、そのケーキは私の顔にぶつけられていました。

全く理解できぬまま、小さい人が好きだった柿の木の下で、ただただ泣いていました。

ふと夜空を見上げると、きれいな星空でした。
あの時見た天の川が、今でも心の中に写し出されます・・・!

最後の別れの日、小さな人を送りに、全員が集まっていました。
でも、小さな人はみんなの顔を見ることができませんでした。

特に「ケンちゃん」には、何も言う事すらできませんでした。

ただただ、こんなに苦しいのなら「もう友達なんかいらない」そう思いました。

母に手を連れられ、その場を離れました。
「なんで挨拶くらいしないの?」
小さな人は下を向いたまま、後ろを振り返ることもなく、その場を離れることとなりました。

「さよなら」「さよなら」「ケンちゃん」「タックン」「トモクン」「・・・」
小さな人は心の中で、何度も何度も叫びました。

あれから小さな人は、何度も忘れようとしました。
もう自分には必要ないと、決め付けたこともあります。

でも、本当に忘れたと思っていても、どこかで下を向いて悲しんでいる
「小さな人」がいることに気付いてしまいます。

ある日無性に、あの時、あの場所がどうなっているのか見たくなりました。
そして、勇気を持って、行ってみることにしました。

40年以上も経っているのに、まるでタイムスリップをしたかのように
あの場所は「そのまま」でした。
ボールを投げていた壁も、表札の名も変わらぬまま・・・

まるで「小さな人」が戻ってくるまで待っていてくれたように・・・


そして、私は決心しました。
小さい人が表れた時、必ず小さい人を大切にし、向き合い、キャッチボールをしたり
一緒に話したり、いつも一緒に話しかけました。

すると、だんだんと小さい人は人見知りをしなくなり、下を向くことが少なくなり、
笑顔が出てきました。

いつも一緒に「小さい人」とあの場面へ戻ることにしました。
「ケンちゃん」から貰ったあのケーキを、家族で楽しく食べ
次の日、見送りに来てくれた少年達、一人一人に握手とハグをして
「また来るよ」「ありがとう」と声をかけ、最後に「ケンちゃん」を思いっきり
抱きしめました。

小さい人は笑顔で元気よく、その場と別れることができました。
「新しい学校でいっぱい新しい友達をつくろう」
小さい人は、最高の笑顔でみんなと別れることが出来ました。


その後、私の心は穏やかで、小さい人はいつも笑顔で話しかけてくれます。

小さい人との関係が癒されてから、私は解放されました。
何か今までに無い、大きな力が、私の中からこみ上げてきました。

そしてこの力が、全てを癒すことのできる「愛」であることを
身をもって知ることが出来ました。

「その力」は苦しみ、悲しみの過去をクリアーにしてくれます。

本当に魔法のような奇跡の力なのです!

小さい人を愛する事により、初めて理解できました。

このことを学んでから、私の心はいつも穏やかです。



    小さい人に感謝をこめて     

                       インナーチャイルドより




―スピリチュアル ヒーリング―






インディコ チルドレン

Posted by 東山弘明(KOUMEI) on   0 comments   0 trackback

震災の後、そんな中でも、子供達の遊びまわる姿、笑顔が忘れられません。

自衛隊が瓦礫を撤去する中、夕方近くになると、いつも海を見に来る一人の少年がいました。

その子を気にしていた、一人の隊員が、傍に寄って声をかけたそうです。

「ぼうや、いつもどうしたの?」

すると「まだ、お父さんとお母さんとお姉ちゃんが見つからないんだ」

「 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 」

その隊員は手袋をはずし、彼の肩にずっと手をかけていたそうです。

すると少年が 「僕、将来おじさんと一緒の仕事をしたいな!みんなを助けられるものね!」

その隊員の目には、あふれるばかりの涙があふれ

夕日が静かに二人を映し出していました・・・・・    
                                    ある日誌より




一見すると元気で、笑顔が絶えず、年老いた人達の為に一生懸命ボランティアをしている少女

学校にいたため、助かったものの、大切な家族5人を亡くしました。

津波で流された、幸せだった家

彼女が一本のフルートを取り出し、静かに音を奏でました・・・

その場は静まり、時間は止まり、大地が悲しみと共に癒されていきました・・・

彼女の目には、もう涙はなく、輝く瞳が未来を見つめていました!



世界の明日を担う インディコチルドレン達

あなたたちにバトンが渡されたような気がします!!



―スピリチュアル ヒーリング―